歯を白くする方法の解説

歯を白くするテープとは?効果・安全面の解説


歯を白くするテープは、ホワイトニングテープと呼ばれています。ホワイトニングテープは、自分の歯にシールを貼ることによって、ホワイトニングが手軽にできるというテープです。アメリカで発売されたのは、2000年頃で、その効果の高さと手軽さで人気が出て、今ではアメリカのドラッグストアで、普通に購入できるほど普及しています。アメリカでは、これだけ普及しているのに、日本ではあまり知られていません。それは、日本では市販が認められていないからです。


ホワイトニングテープには、過酸化水素という成分が使われています。日本の薬事法では、この過酸化水素は禁止の成分であるからです。そのために、日本ではアメリカのようにホワイトニングテープを市販することはできません。


もし、どうしても欲しい場合は、インターネット通販等を通じて、個人輸入で購入することは可能です。


日本で知られていなかったホワイトニングテープが知られるようになったきっかけは、フィギュアスケートの村上大介選手がテレビ番組でコメントしたことによってです。村上大介選手は、海外のドラッグストアで販売しているホワイトニングテープを使用しているということでした。それ以来インターネットで検索する人が急激に増え、これだけ日本で知られるようになったのです。


実際ホワイトニングテープの効果は医療機関でのみ使用が認められている過酸化水素を配合しているので、かなりの効果が期待できます。ホワイトニングテープの中で最も効果が長いもので、12ヶ月の効果があると言われていますので、これは、ホームホワイトニングと同じだけの効果になります。ホワイトニングテープの安全面は、使い方を間違うと歯茎や歯にダメージを与えることがあると言われています。


薬剤の濃度が高いものを長時間貼っていると痛みが出ます。薬剤が歯茎にふれると炎症を引き起こすので、注意が必要です。また、かぶせ物をしている歯、詰め物をしている歯、神経がない歯には、効果がありません。歯が削れた部分、虫歯の部分に使用すると、痛みも強くでます。



歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説