歯を白くする方法の解説

歯の裏側に茶色・黒の汚れができてしまう原因・対策方法は?


口内に関しては、歯を綺麗に保つことを目的にしたり、歯周病や虫歯から歯を守るために、歯磨きを毎日行うことが基本とされています。歯磨きに関しては、最も基本的な歯のメンテナンス方法として知られているように、できるだけ良質な歯磨き剤を使って歯磨きを行う方法で、綺麗な歯で健康的な歯を守ることが可能になります。しかし、毎日歯磨きを行っている方であっても、歯の裏側に茶色や黒色の汚れができてしまうことが多い傾向にあります。


この原因に関しては珈琲や紅茶、ワインなどを好んで飲んでいる方や、喫煙を行っている方でも起きやすい現象として挙げることができ、その他の一般的な生活を送っている方でも人によっては汚れが歯の裏側にできてしまうことがあります。歯磨きを丁寧に行っていると感じている方でも、歯の表面に関しては綺麗に小まめに歯磨きをしている方が多く、歯の裏側に対してはあまり手を付けていない方が多いことも原因の一つとして考えることができます。


その結果として歯の裏側に対して常に意識的に歯磨きを集中して行う方法で対処することができるので、毎日行っている歯磨き方法を意識的に変えてみることが必要です。


しかし、既に歯の裏側に目立った汚れが付着してしまっている方ならば、簡単に除去を行うことが難しい場合があります。一般的な歯科クリニックなどを利用して、歯石の除去から歯の簡単なクリーニングを行ってもらう方法で、ある程度の色素を取り除くことは可能ですが、その状態でも満足することができない状態の方もいます。この場合では審美歯科を活用してみることがおすすめの方法です。


審美歯科であればホワイトニングの技術を持っているので、歯の表面だけではなく歯の裏側に対しても効果的に汚れを落とすことを可能にしているので、気になっている方ならば、ホワイトニングを利用する方法で全てを解決させることができます。


差し歯や詰め物などがある方のケースでは、セラミックを用いた施術方法もあるので、審美歯科を利用する方法で美しい白さに戻すことができます。


歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説