歯を白くする方法の解説

タバコのヤニを取って歯を白くする方法は?


タバコにはタールが含まれていますが、このタールこそが所謂ヤニ汚れの原因となっています。粘性で真っ黒な原材料ですので日々の喫煙によって徐々に色が蓄積されていくのです。そして見た目を悪くするだけでなく、口臭の原因にもなる為、口内の健康に於いて非常に厄介な存在と言えるでしょう。


黄ばみを解消する為にはヤニ汚れを落とす必要がありますが、基本としては歯磨きをしっかりと行うことです。歯の表面に付着している汚れは擦ることである程度は落とすことができますし、きちんと磨くようにすれば大きく黄ばんでしまうこともなくなるはずです。


なお、ヤニ汚れを落とす為には研磨剤が入っている歯磨き粉が有効ですが、ただ、研磨剤は歯の表面を削ってしまう恐れがあります。特に力を入れて磨いている場合ですと削られ易くなってしまい、表面が削れると着色が余計に入り易くなるのです。つまり間違った歯磨きの方法ですと却って黄ばみが強くなってしまいますので磨き方にも十分に注意した方が良いでしょう。


続いての方法としてはホワイトニングを行うことです。クリニックで行ってもらえるほか、自宅で使えるキットもありますので手軽に行うことも可能です。


ホワイトニングは歯を白くする為の施術ですので効果が高いのが特徴。一回のケアでもある程度は黄ばみが解消されることもあり、繰り返し行うことによって白く輝く歯になることが可能です。また、歯磨きではなかなか上手く磨くことができない細かい場所に関しても白くすることができますので、隅々まで清潔感のある歯へと変身させることができるはずです。


以上がヤニ汚れを落とす為の基本的な方法と言えますが、同時に大切になってくるのが禁煙をすること。喫煙習慣があるようですとどんどん色が入ってしまいますので、対策を行っても効果が低くなってしまいます。綺麗な歯を維持する為には元から原因を解消することが重要ですので、黄ばみが気になるようなら禁煙を考えた方が良いでしょう。


歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説