歯を白くする方法の解説

歯の黄ばみ・茶色になる原因は?予防・改善方法は?


歯に黄ばみが起こってしまう原因としてステインが挙げられます。煙草のヤニをはじめ、コーヒーやお茶類、ワインなどの色の濃い飲食物が原因になるのですが、ただの歯垢と違って着色汚れですので除去し難いという特徴があります。その為、少しずつ汚れが積み重ねられてしまい、黄ばみも強くなってしまうことがあるのです。


予防をする為の方法ですが、基本的には煙草などを控えるのが大切と言えるでしょう。ステインの元になることを断つことが大事ですから禁煙をしたり、色の濃い飲み物などは控えるといった工夫が必要です。


口をすぐにすすぐように心掛けるのも予防法のひとつ。すすぐだけでは完全にステインを落とすことはできないものの、それでも多少なりとも着色を予防することができるはずです。


ガムを噛むようにするのも良いでしょう。歯に良いガムとしてキシリトールガムがありますが、中にはメタリン酸ナトリウムという成分を配合しているものもあります。この成分は変色を予防してくれる働きがあるほか、ステインの除去をサポートする働きもありますので手軽に予防をすることができます。


黄ばみを改善する為の方法としては日々のブラッシングが基本と言えます。研磨剤入りの歯磨き粉を利用することによって汚れも落ち易くなりますし、丁寧に磨くようにすればある程度は綺麗にできるはずです。
ただし、力を入れてごしごしと磨いてしまうのは厳禁です。歯の表面を傷付けてしまいデコボコの状態にしてしまいます。滑らかさが奪われてしまうとステインが付き易くなってしまいますので、磨く際には力を入れずに撫でるような感覚で歯ブラシを動かした方が良いでしょう。


歯のホワイトニングをするのも改善方法のひとつです。ホワイトニング効果のあるジェルを歯に付けることによって酵素の働きで着色成分を分解してくれます。一回でも違いを実感できることもありますので、黄ばみが強い時の対策としても適していると言えます。


歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説