歯を白くする方法の解説

黒ずんだ神経のない歯を白くする方法はあるのか?


歯の神経がなく黒ずんでしまった歯を白くするホワイトニングの方法はいくつか存在します。通常神経のない歯は、ホワイトニングでは白くなりにくく、またすぐに黒くなりやすいといえます。ウォーキングブリーチという方法では、歯の中に過ホウ酸ナトリウムと過酸化水素を混ぜ合わせたホワイトニング剤を封入し、毎週薬を交換することによって白くする方法で歯を白くします。


この方法は歯根の治療が完了しているということが条件になります。また、従来は保険適用されていましたが現在は保険適用外となっています。個人差がありますが歯の状態によって痛みが出たりするため現在ではあまり行われていないのが現状です。変色があまり強くない場合はブライトスマイルという方法で白くできる場合があります。


変色が強い場合でもパワーブリーチとの併用によってかなり白くすることができる場合もあります。パワーブリーチとは歯の裏に詰めている樹脂を外して、そこにホワイトニング剤を入れることによって白くする方法です。ブライトスマイルだけでなくルマホワイトニングなどと併用して行うことができます。


また、マニキュアによって歯を削らずに、確実に歯を白くする方法もあります。1回で確実に白くしたいという方にはお勧めです。マニキュアの種類によっては短期間ではなく数年間持つものまであります。


このような方法で神経のない歯でも白くする方法はいくつか存在しますが、やはり神経がない歯ではセラミックをかぶせる方法が一般的だといえます。基本的に歯医者さんの医師もセラミックによるかぶせを進めるのではないでしょうか。神経がない歯はしっかりと土台を立ててセラミックをかぶせるのが一番効果的だといえます。また、神経のない歯は基本的に歯が薄くなってしまっていることが予想されるため、通常ラミネートベニヤは行うことはありません。


このように一般的にはセラミックが推奨されていますが、どうしても歯を削りたくないという場合には、自分に合った方法で白くする道を医師と探っていくとよいかもしれません。



歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説