歯を白くする方法の解説

色が変わってしまった差し歯を白くするには?


歯が折れてしまったり、大きく欠けてしまった場合では、差し歯を用いて治療を行っている方が多く存在しています。差し歯の場合では保険治療で対応できるものから、保険外治療としてセラミックなどを使っている方もいて、その多くは保険治療の歯を用いていることが一般的です。


歯の全体に気になる汚れが付着してしまうことがありますが、現在では審美歯科の他、専用のサロンなどでもホワイトニングの施術を行っているので、古い時代と比較した場合では、ホワイトニングは身近な存在とされています。一方で、歯のホワイトニングを利用される方の中には、色が変わってしまった差し歯に効果があるのかどうかで悩んでしまうことがあります。


一般的なホワイトニングの方法では、歯の全体に施術を行った際には本人の歯と差し歯で大きく色が異なってしまうことも懸念されています。しかし、現在ではサロンなどでも利用されているホワイトニングの方法であっても、差し歯を綺麗に施すことができ、約20分間程度の照射によって3回から4回の利用で、見事に白さを実現できる場合があります。


しかし、人によっては若干の歯の色の違いについて満足することができない方が存在していることも事実になります。このケースでは、差し歯の部分を作り変える方法が用意されていて、周囲の歯の色を合わせてセラミックで作り上げる方法で、綺麗な口元を得ることができます。


セラミックに関しては、変色しにくい素材とも言われているように、非常に長期間にわたって綺麗な白さを保つことができ、汚れを寄せ付けない性質を持っていることも特徴です。


その結果としてラミネートベニヤで全ての歯を施術する方法や、オールセラミックとして全ての歯をセラミック製に施す方法まで用意されているので、一般的なホワイトニングの方法でも十分に対応できますが、万が一に納得できない方であれば、セラミックの導入を検討してみることもおすすめの方法になり、本人の納得できる歯の状態を作ることができます。



歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説