歯を白くする方法の解説

重曹には歯を白くする効果がある?注意点はある?


水回りの掃除や部屋の掃除など家庭で役立つと話題になっている重曹が、歯を白くする効果があるという噂があります。家の掃除にも使え、手ごろな価格で購入することができるため、歯を白くする効果があるなら積極的に使いたいという人の中には、歯ブラシに直接つけたり、ハッカ油やグリセリンと混ぜてペースト状にして実際に使っている人もいるようです。


しかし重曹には、歯科クリニックで行うような歯を白くするホワイトニング効果はなく、歯の表面の着色汚れをとるクレンザー効果があるため、歯が汚れている人は白くなったと思うということになります。クレンザーのように歯の表面を粒子でこすって汚れを落とすため、研磨作用で歯や歯茎を削ってしまう危険性があるので注意が必要です。必要以上に力を入れてこすったり、こすり続けたりすることは避けましょう。


また、重曹はナトリウムでできているため、しょっぱい味がします。ナトリウムは塩分なので、つけることで塩をなめていることと同じで、塩分の過剰摂取になる場合があります。特に持病があって、塩分を控えている人は重曹で歯磨きをしないことがおすすめです。


また、重曹には、油脂やたんぱく質を分解する加水分解作用があります。口の中の粘膜を分解する恐れがあるので、口の中が刺激を受けてしまう可能性があるので気を付けましょう。口の中がアルカリ性に傾き、歯石がつきやすくなることもあります。歯石ができたこと自体が害になるわけではありませんが、歯石があることで、虫歯や歯周病の原因になる細菌が繁殖しやすくなるため、注意が必要です。


歯を白くしたい人は、歯の汚れを取る効果はあるけれども、健康に影響を及ぼす恐れがある重曹を使用するよりも、クリニックへ行ってホワイトニングをしたり、ホームホワイトニングをしたりすることがおすすめです。正しい知識で、きれいな白い歯になるように歯科クリニックに相談してみることをおすすめします。


歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説