ホワイトニングの解説

エステでも歯のホワイトニングができる?審美歯科との違いは?


歯の色は、年齢とともに黄ばんでいきます。笑った時に見える白い歯は健康的な印象を与えるだけでなく、明るく若々しい印象にもつながります。歯を白くするホワイトニングに興味のある人は多いですが、実際に受けたことがある人は少ないです。これは、歯のホワイトニングは審美歯科などの歯科医院で受けなければいけないためです。


そもそも、ホワイトニングとは、歯の汚れを除去するということではありません。歯には茶渋やカレー、ワイン、タバコのヤニなどによって色が付いてしまいます。この汚れは毎日の歯磨きでは落としきれませんが、歯科医院での専門的なクリーニングをすることできれいになります。クリーニングで落とせるのは、歯の表面についた汚れだけなので、歯の色自体を白くすることは出来ません。


歯のホワイトニングは、漂白作用のある薬剤を歯に浸透させることで、歯の色そのものを白くすることができます。この薬剤を使うことは医療行為に当たるため、歯科医院でしか治療を受けることはできません。使われる薬剤も医療品の指定を受けているので、市販されることはなく、歯科医院でないと扱うことはできません。


最近はエステでも歯のホワイトニングを行っていますが、エステは病院ではないので医療行為はできません。そのため、使用するのも医療品ではなく化粧品扱いのジェルを歯に塗り、LEDの光を当てて施術をします。この方法では、歯の色をある程度は白くすることはできても、生まれ持った歯の色以上には白くすることはできません。


歯のくすみや、着色を取るレベルで、歯科医院のホワイトニングとは根本から違うものです。エステの方が気軽に行けるからと思う人もいるでしょうが、本当に歯を白くしたければ審美歯科に行った方が効果的です。


歯を少しだけ白くしたいと考えるレベルであれば、エステでも満足できるかもしれません。自分がどこまで白くしたいかを考えて、受ける場所を選ぶといいでしょう。


歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説