ホワイトニングの解説

市販されているオキシドールは歯のホワイトニングに使える?


審美歯科では歯のホワイトニング施術を受けることができます。歯の色素沈着が解消され、輝くような白さを手に入れられるのが人気ですが、薬剤として過酸化水素が使用されています。過酸化水素はオキシドールとも呼ばれており、この成分を歯の表面から染み込ませて色素を分解し、白く見せることができます。


オキシドールといえば、薬局やドラッグストアでも、市販のものが普通に売られています。傷口の消毒や、洋服のシミ取りなどで活躍する、便利な商品です。


審美歯科のホワイトニング施術に使われているのなら、市販のオキシドールを使っても、歯のホワイトニング効果が得られそうに感じますが、実際には極めて難しいと言わざるを得ません。


というのも、オキシドールの濃度が関係してくるからです。審美歯科のホワイトニング施術で使われるオキシドールは、10?35%くらいの濃度のものです。その一方で、市販のオキシドールは3.5%という微々たる量しか含まれていません。高濃度のオキシドールは取り扱いが難しいため、市販品では濃度を極端に薄めたものしか販売できないという決まりがあります。


たったの3.5%の濃度では、歯を白くする効果は望めません。また、専門的な知識を持たない人がオキシドールを口の中に入れると、かえって症状が悪化する危険をはらんでいます。


口の中の粘膜にトラブルが発生したり、味覚障害になる、舌が黒ずんでしまうなどの副作用に注意したいところです。海外製のオキシドールであれば濃度の高いものが手に入る可能性がありますが、このような副作用が発生するリスクを考慮すると、使用を控えるのが安全です。


歯のホワイトニングを求めるなら、オキシドールを自己判断で使用せずに、素直に審美歯科の施術に頼りましょう。茶渋やタバコのヤニ汚れを軽く取り除きたいなら、市販の専用の歯磨き剤を使うことをおすすめします。審美歯科のような高い効果は得られませんが、ある程度の歯の白さを手に入れることが可能です。



歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説