ホワイトニングの解説

歯のクリーニング・PMTCとは?着色汚れも取ってもらえる?


最近では歯科医で歯のクリーニングをメインに通っている人も多く、治療というよりもキレイな歯を維持することに意識が高まってる傾向にあるといえます。


歯科で行っている歯のお掃除はPMTCと呼ばれ、簡単に言えば自宅でのハミガキや自身でのケアでは取り切れない歯の汚れやみがき残し部分や歯ブラシが届かない歯と歯の間の溝や歯茎との境目などについている汚れや着色を丁寧に除去して磨いてくれる処置のことを指します。


PMTCは専用の器具の先端に小さいブラシをつけてハミガキを行い、最後に全体的にチェックをしてフロスの使用や自宅でケアをする場合の歯みがき指導なども必要であれば行ってくれます。歯石や歯垢をとるような施術はPMTCとはまた別にスケーリングと呼ばれており、超音波の出る器具を使用して歯に刺激を与えてその振動で歯石を除去する内容の処置になりますが、基本的に歯医者に行って歯のクリーニングをお願いするとこの二種類を組み合わせた処置を歯科衛生士の方がしてくれる場合がほとんどです。


歯石や着色の付着度合いによって処置にかかる時間や本人が感じる痛みや刺激にも差があるといえますが、耐えられいほどのものではなく、基本的には歯を削るといった歯科医師が行う治療とは異なるもので、一種の予防歯科ともいえます。
タバコのヤニやコーヒーやお茶を日常的に摂取することによって付着してしまう着色汚れは見た目も悪く、歯に全体的についていると白さもなくなってくすんでしまいます。もちろん人と会話したり笑ったりするときにも見えやすいので、着色がひどくなる前に定期的に歯医者でクリーニングとPMTCをしてもらうことでキレイな歯を維持することが可能になります。


自分ではあまり汚れていないと思っていても、いざ歯医者でクリーニングを受けると歯の白さや舌で触ったときのツルツル度合いが本当に違って驚くことも珍しくありません。


またクリーニングをすることで歯の見た目が美しくなることはもちろん、口腔内の歯石や細菌も除去されるため虫歯や口臭予防にもつながり、さらに最後にフッ素を塗布することで歯の強化も促すことができるといったメリットがあります。



歯を白くする歯磨き粉

 

歯を白くする方法の解説

 

ホワイトニングの解説